民事再生(個人)の基礎知識

民事再生(個人)とは?


スポンサーリンク


民事再生(個人)とは?


個人民事再生は、2001年4月1日から施行された比較的に新しい制度です。
個人民事再生法は、任意整理、特定調停と自己破産の間の制度だと言って良いと思います。

今までは、多額の借金を抱えていた人などは、任意整理や特定調停を行なって、
上手く行かなければ、自己破産をするしかな方法がありませんでした。



任意整理も特定調停も、上手く利用すれば、借金整理の方法としては、効果のある方法でしたが、
任意整理にも、特定調停にも、それぞれ、それなりに問題がありました。

この為、任意整理や特定調停を行なった場合でも上手く借金の整理が出来なかった人の
場合には、どうにかして、借金の返済をしたいと思っていたとしても、自己破産をするしか
方法がありませんでした。



このような人の場合には、個人民事再生を選択する事で、自己破産をしないで、
借金の金額を貸金業者などの債権者の同意を取りつつ、または、同意が無くても、
法律上で、借金の残額を圧縮して、返済を行なっていきます。


借金の返済をどうにか行ないたいと思っている人にとっては、
個人民事再生法が整理されて、利用し易くなった事によって、
自己破産を免れる事ができるようになったのではないでしょうか。

今までにも、通常の民事再生はありましたが、手続きが煩雑で個人が利用するのは、
難しい方法でした。この為、2001年4月1日に法改正が行なわれ、
個人民事再生が行ないやすくなりました。



個人民事再生を利用した場合には、生活に必要なお金を確保しつつ、返済を行なっていく事に
なりますが、個人民事再生の場合には、再生計画を裁判所で認められた方法に基づいて、
一定の借金額を免除してもらう事になります。

個人民事再生を行なって、借金の返済を行なう場合には、原則として、返済期間は、
3年間となっています。ただし、この3年間の再掲計画中の返済を行なえば、
残った借金は免除される点が、個人版民事再生の特徴であると言えると思います。




・スポンサーリンク

2007年06月18日 16:52