民事再生(個人)の方法・手順

個人の民事再生の再生処理の流れ


スポンサーリンク


個人の民事再生の再生処理の流れ


ここでは、個人民事再生の申立を行なってから民事再生の再生計画の認可・不認可が
決まり、実際に、再生計画に則って、返済がスタートするまでが、どのような流れに
なっているかを紹介しておきたいと思います。




【1、弁護士、司法書士への相談】
 
 まず、一般的には、弁護士や司法書士に相談する事になります。

 ↓↓↓↓↓


【2、受任通知発送】

 弁護士、司法書士に依頼して、個人の民事再生を行なう事が決まった場合には、
 「受任通知」を債権者に発送します。
 債権者が「受任通知」を受け取った段階で、取り立てが止みます。

 ↓↓↓↓↓


【3、債権内容の確認・利息制限法による引き直し計算、申立書類の作成】

 実際に、弁護士や司法書士と一緒に、
  ・どこから
  ・どれだけ
 の借金(債権)があるのかを確認し、
 利息制限法の上限金利による再計算を行ないます。

 また、同時に、裁判所への申立に必要な書類などを作成し集めます。

 ↓↓↓↓↓


【4、裁判所に民事再生の申立て】

 書類が揃ったところで、裁判所に個人の民事再生の申立を行ないます。 

 ↓↓↓↓↓


【5、裁判所による個人再生委員の選任】

 民事再生の申立を行なうと、個人再生委員が選任されます。
 個人再生委員は、申立を行なった日に選任されるのが一般的です。
 また、個人再生委員は、必ず選任する必要がある訳ではありません。
 ただし、東京地方裁判所では、必ず個人再生委員の選任を行なっているようです。
 この方針は、各地方裁判所によって違うかもしれません。

 ↓↓↓↓↓


【6、個人再生委員による意見書の提出】

 その後、個人の民事再生の申立時などに提出した資料を元に
 個人再生委員から裁判所に意見書が提出されます。


 ↓↓↓↓↓


【裁判所による開始決定】

 裁判所が、個人再生委員の意見書などを元に、個人の民事再生が必要かを
 判断します。裁判所の判断で、民事再生が可と判断された場合に、
 個人の民事再生がスタートする事になります。

 ↓↓↓↓↓


【債権一覧・財産一覧、報告書の提出】

 個人の民事再生を申し立てを行なう債務者が
  ・債権一覧
  ・財産一覧
 などの報告書を裁判所に提出します。


 ↓↓↓↓↓


【再生計画案の作成・提出】

 個人の民事再生を行なうに当たり、実際に、どのような再生計画で
 返済をしていくかの再生計画案を作成して、提出する事になります。

 ↓↓↓↓↓


【債権者による書面決議】

 債務者が作成した再生計画を認めれるかどうか、債権者の決議を書面で取ります。
 給与所得者再生の場合は、債権者への意見聴取が行なわれます。

 ↓↓↓↓↓


【個人再生委員による意見書の提出】

 決議が取られた再生計画、または、給与所得者再生の場合には、
 債権者への意見聴取が行なわれた結果を受けて、個人再生委員による
 意見書が裁判所に提出されます。


 ↓↓↓↓↓

【認可決定】

 再生計画案が債権者の決議や意見聴取が行なわれ、個人再生委員が
 提出した意見書を元に、裁判所が再生計画を認めるかどうか判断します。


 ↓↓↓↓↓

【返済スタート】

 裁判所に、再生計画が認められた後、再生計画に基づいて、
 返済をスタートします。



個人民事再生の手続きを行なう場合には、このような流れで行なわれる事になります。





・スポンサーリンク

2007年06月18日 17:22