民事再生(個人)の方法・手順

個人の民事再生を行なう時の準備


スポンサーリンク



個人の民事再生を行なう時の準備


個人民事再生の申立を裁判所に行なう場合には、
現状をまずは、把握してまとめる必要があります。

個人民事再生の場合には、
 ・資産の有無
 ・資産の種類(家・土地・車など)
 ・資産の評価額
 ・収入の額
 ・収入の種類(給与収入など)
 ・債権者の名前(社名)
 ・債権者の住所
 ・債権の発生理由
 ・債権額
などの情報が必要になります。

弁護士などに相談に行く前に、これらの情報は、分かる範囲でも
一覧表になどに、まとめておく方が良いでしょう。


また、弁護士などに相談に行き、揃える必要がある書類などの指示が
貰えた場合には、すぐに揃えるようにしましょう。




個人民事再生で、裁判所に提出する必要がある資料


また、弁護士に相談を行なった結果、裁判所に個人民事再生を行なう場合には、
下記のような書類が必要になります。

 ・申立書
 ・収入一覧
 ・主要財産一覧
 ・債権者一覧
 ・委任状
 ・住民票の写し(2通)

これらの書類は、最低限必要となります。


さらに、「小規模個人再生」と「給与所得者個人再生」の場合で、
下記のような提出する必要がある書類が違ってきます。


【小規模個人再生の場合】

 ・確定申告書、源泉徴収表
  (債務者の収入額を明らかにする書類)
 ・個人再生委員が指示する書類


【給与所得者個人再生の場合】

 ・直近の1年分の源泉徴収表、又は、課税証明書
 ・2か月分の給料明細
 ・個人再生委員が指示する書類


これらの書類は、個人民事再生の申立を行なう時に揃えれていても良いですし、
個人民事再生の申立を行なった後でも良いです。


「個人再生委員が指示する書類」については、民事再生に詳しい弁護士であれば、
必要となる書類を知っていると思いますので、聞いてみると良いでしょう。
また、分からない場合には、個人民事再生も申立後でも良いと思います。



さらに、「小規模個人再生」と「給与所得者個人再生」の個人民事再生
申立を行なった場合には、申立後に下記の封筒を提出する必要があります。

 ・債権者の代理人あての封筒を3通
 ・知っている債権者あて封筒を1通



個人民事再生の申立を行なうと、このような書類などが必要になります。
など、どのような書類が必要となるかは、裁判所によっても違いがあるようですので、
個人民事再生を行なう場合には、申立前に、弁護士や裁判所などに確認するようにしましょう。





・スポンサーリンク

2007年06月18日 17:25