民事再生(個人)の方法・手順

個人の民事再生の開始後の財産内容の報告書


スポンサーリンク


個人の民事再生の開始後の財産内容の報告書


個人の民事再生の申立を行なう時に、財産の内容についての一覧を提出しました。
この申立時に提出した財産の一覧は、簡易版のような状態です。

個人の民事再生の申立時に提出した財産の一覧は、裁判所や個人再生委員が
個人の民事再生の開始をするかどうか判断する材料として使うものです。


実際に、個人の民事再生の再生計画案を認めるかどうかを判断する為には、
さらに詳しい財産状況報告する必要があります。

この為、個人の民事再生の申立を行なってから10週間以内に、

 ・報告書
 ・財産目録

を提出する必要があります。


この為、10週間の間に、弁護士や司法書士と相談しながら、作成して行くことになりますので、
まずは、自分自身で、思い当たる自分の財産の一覧程度は、作成しておく方が良いでしょう。

初めに自分で思い当たる自分の財産一覧を作成しておくだけでも、弁護士や司法書士の
作業が行ない易くなるからです。最初に、自分なりに作成しておいて、足りない部分について、
弁護士や司法書士から指摘されますので、その部分を調べて、補足していけば効率的です。


もちろん、財産の広告をするに当たり、虚偽の報告を行なうのは、ご法度ですので、
素直に申告するようにしましょう。




・スポンサーリンク

2007年09月03日 20:35