「あ行」の用語集

「一部増額返済(いちぶぞうがくへんさい)」とは?


スポンサーリンク


ここでは、「一部増額返済(いちぶぞうがくへんさい)」と言った用語の解説をしています。「一部増額返済」の意味が分からないので理解したいと思っている場合には、このページで「一部増額返済」についての内容を紹介していますので参考にしてもらえればと思います。


一部増額返済(いちぶぞうがくへんさい)

一部増額返済とは、お金を借りる時の契約時に当初、取り決めている返済額である約定返済額が決まって言いますが、この金額以上の金額を返済期間中に返済することで、残ったローンの残高を減らすことを言います。

この一部増額返済というのは、原則としては、一部増額返済を行なう事が出来る権利というのは、債務者が持っているものです。一部増額返済の権利とともに、約定返済日よりも早く、借りたお金を返済する権利も債務者が持っている権利でもあります。

一部増額返済を行う事のメリットとしては、総合的にローンの返済を考えた場合には、早く返済を行う事によって、利息部分の支払額を削減する事が出来るので、総返済額を減らすことが出来るというメリットがあります。また、早期に完済する事が出来るというメリットも一部増額返済にはあります。

ただし、一部増額返済を行なう場合には、金融機関によっても条件が違ってきますが、その金融機関によってその都度、手数料を支払う必要があるので、ある程度のまとまった金額をまとめて返済すると言う事が大切になります。

この為にも、一部増額返済を行なう場合には、本当に無駄がないのかをしっかりと計算して計画をして実行する事が大切になります。

また、一部増額返済という用語については、よく知られた用語としては「繰上げ返済」という言葉で言われる事もあります。繰上げ返済の方が聞いたことがある人も多いのではないかと思います。



・スポンサーリンク

2013年05月13日 16:16